元SEの主婦がブロガーに向いている3つの理由

ブログ運営についてしばらく書いていこうと思います。
今回は元SE(システムエンジニア)の主婦はブロガーに向いている理由について分析してみました。

活躍している女性ブロガーは、元SEの方が結構多い

私は個人が運営しているブログを読むのが好きで、フィードにいくつも登録して毎日チェックしています。
その中で、人気も実力もある主婦ブロガーさんの経歴を見ると元SEの方が結構多いな…ということに気が付きました。

それはなぜか…自分なりにまとめてみました。

1.システムに詳しい

まずは当然ながらこれですね。
このブログは私が自分でレンタルサーバーを借りて、ドメインを取得して、WordPressをインストールして構築しています。
業務でウェブサイト制作に関わっていたり、サーバーの管理をしたりしていた方ならこれらの手順は既にできるか、似たようなことを経験していると思うんですよね。

WordPressはテーマをインストールするだけでも利用できますが、デザインをカスタマイズしたい場合はHTMLやCSSの知識が必要になってきます。
自分好みにコンテンツを配置したり、バックアップを利用するならPHPやMySQLも使います。

ブログは一見敷居が低い(ように見える)のですが、実は外側のデザインやコンテンツの書き方、写真の加工…などなど高度な作業を経て作られているんですよね。
これらのことをイチから学ぶのはやはり大変で、ITに関わっていた人が有利なのは自明なのかなと思います。

2.我慢強い

デスマーチ、残業地獄…ととにかくブラックな印象の強いITの現場。(大体合っていますが…)
特に客先常駐型の現場だと悲惨で、成果物の出来しだいによっては契約の途中でもお客さんに切られたりします。

今はもう少し良くなっていると思いたいですが。

もともとは男性が多い業界なのでチームに女性が一人ということもざらにあります。
そんな環境で黙々と作業を続けられるのは、我慢強いと思ってよいでしょう。

これがブログにどう関係するかというと、我慢して続けられるかということが共通しています。
プロのアフィリエイター・ブロガーであるパシさんやイケダハヤトさんも散々仰っていますが、ブログって書いてもすぐに収益が発生するものではないんですよ。
毎日更新して1年後にやっとプラスになるかどうかというところです。

座りっぱなしは良くないですが、ある程度集中して作業ができるのは強みです。

3.勉強する習慣が身に付いている

そしてこれが実は一番の理由だと思っているのは、勉強する習慣が自然に身に付いていることです。
進歩の速いIT業界では新しい技術が出てきたらそれに対応しなければならず、常に何かの言語を勉強しているような状態です。

で、もともとこの業界は趣味の延長で仕事をしている人も多く、周りを見ていると結構楽しそうに学んでいるんですよね。
これは男女問わずなのかなと思いますが、職人気質っぽいところがあります。

きちんと人に読んでもらえるブログを書くためにも勉強が必要で、レビューであれば商品について詳しく調べたりします。
SEOを体系立てて学んでおくと後々ラクですし、商品が売れる文章を書くのに営業やマーケティングの本を読んだり…とキリがありません。

ポイントは好きな分野を楽しく学ぶことだと思います。

離職率が高いIT業界…頑張って得た知識を活かしてみては

IT業界の現場は残業がデフォルトで子育てに向いている仕事とは言えず、女性の離職率が高いのは残念なことです。
私が会社員だった頃も優秀な女性の先輩がたくさんいらっしゃったのですが、気が付いたらみんな辞めてしまっていない…ということがよくありました。

最近ではリモートワークにより在宅で作業できる仕事が増えてきたのでそちらに期待したいところですが、子育てや家族の事情でバリバリ働くのは難しい事情もありますよね。
そのような場合は、昔得た知識を得てブログを開設してみることをオススメします。
私も2年くらいブログを書き続けていますがコンテンツの質は正直まだまだで修行を続けなくてはなりませんが、それがまた楽しいところです。

この記事が気に入ったらシェアお願いします