マッドマックス 最新作 怒りのデス・ロードの魅力を語る!マックスの心の動きにも注目

最近は映画を観る時間が少しずつ取れるようになってきたので、私のお気に入り映画を紹介していくことにします!
まずは昨年公開されたMad Max: Fury Road (マッドマックス 怒りのデス・ロード)。

狂気の世界からだんだん人間らしい心を取り戻していくマックス

20160429_2写真出典:The official Facebook page for Mad Max Movies

マッドマックスは公開前からすでに評判が高く、私も劇場まで足を運んで観賞してきました。

旧作も見ていたので独特の世界観は知っていたのですが、今回はとにかく人物が魅力的!!

あらすじ:資源が底を突き荒廃した世界、愛する者も生きる望みも失い荒野をさまようマックス(トム・ハーディ)は、砂漠を牛耳る敵であるイモータン・ジョー(ヒュー・キース・バーン)の一団に捕らわれ、深い傷を負ってしまう。そんな彼の前に、ジョーの配下の女戦士フュリオサ(シャーリーズ・セロン)、全身白塗りの謎の男、そしてジョーと敵対関係にあるグループが出現。マックスは彼らと手を組み、強大なジョーの勢力に戦いを挑む。

出典:Yahoo!映画

あらすじはまあ要するに悪ボスの支配下に置かれた女性達が自由の為にたちあがり、マックスが手助けしてみんなやっつけてハッピーエンドだ!!というシンプルなものです。

敵も相変わらずイっちゃってて、北斗の拳の消毒さんみたいな奴らがわらわら出てきます。
ストレスがたまった時に大音量で観ると楽しいのは間違いありません。

しかし今回最も魅力的なのは、主人公マックスと女戦士フュリオサの交流なのです!!

マックスは家族を失ったり死線をいくつも潜り抜けてきた経験から、最初の頃は誰にも心を開いていません。

ひょんなことでジョーの妻を逃がそうと奔走するフュリオサと同行することになったマックスですが、女性に対しても殴ったり銃を突き付けたりとなかなかのクズっぷりを見せつけてくれます。

しかしフュリオサと一緒に旅を続けるうち、マックスにだんだん人間らしい心が戻ってくるんですね。
消えていた瞳の中の光が再び灯ったような…。

終盤でフュリオサは敵の襲撃によって重傷を負いますが、マックスは身を挺して彼女を守ろうとします。
もうこのシーンが大好きで。感動しますね…

静かな怒りを秘めるフュリオサの魅力

そしてこの映画で最も魅力的なのはやはりフュリオサ!!演じているのは超美人女優のシャーリーズ・セロンです。

フュリオサ役では持ち前の美しさを一切封じ込め、なんと丸刈り姿&泥だらけの顔で撮影に挑んでいます。いやこれだけでも凄すぎるだろ…

そして不思議なのが、これだけすさまじい恰好をしていながら、フュリオサは美しく輝いて見えるんです。
彼女は女性達を解放する革命軍リーダー的存在で、みんなから慕われ頼られています。そして男たちとも対等にやりあえる戦闘能力も身に付けています。

フュリオサを見ていると、女性の美しさって外見だけじゃないんだよなと改めて感じさせられるんですよ。
誰かを守る男性はカッコよく見えますが、女性の場合は神々しく見える時がある。

この映画は何度でも観たいので、思いついた時にパソコンやタブレット、スマホから簡単にアクセスできるhuluを利用することにしました。
月額933円で全てのタイトルが見放題という、映画好きにはもってこいのサービスです!

今後も随時、オススメ映画のレビューをお届けしますね。

この記事が気に入ったらシェアお願いします