小1の壁!?働くママは学童保育を上手に利用しよう

noteに書いた記事を加筆修正して記載します。

4月からは娘が小学生に

先日、上の娘の小学校入学説明会があり、その後は学童保育の申し込みがありました。

両親とも働いている我が家では、娘は入学式よりも前に学童保育に行くことになります。
幸い、今の保育園から同じ小学校に4人行くことになっているので、4/1は全員で待ち合わせて学童へ送りとどけようという話に。

うちの小学校では全体の3割にあたる人数が学童を利用しているそうです。
低学年ほど参加する割合が高く、クラスの半分くらいなのだとか。働く母がこれだけ多いのにはちょっとびっくりしましたね。

放課後は学童保育を上手に利用したい

育児雑誌を読んでいると、小学校に上がった子どもが早く帰ってきてしまって働きづらくなるという小1の壁問題がたびたび取り上げられます。
保育園時代は仕事に打ち込んでいたけど、入学後は仕事を辞めました~みたいなお母さんのインタビューを読んでいたのでうちもダメなのかな…と思っていました。

娘が通う小学校は2つの教室を学童スペースとして確保してあり、専門の指導員さんが来て子ども達を見てくれます。
平日は放課後から18時まで、土曜日や学校休業日は8時半から18時まで開いています。
お弁当は各自で持ってくることになりますが、実費でおやつが出ます。

放課後の時間を過ごす子ども達が飽きないように、毎週何かしらのイベントが行われていますね。
私が小学生の頃は近所の子ども文化センターによく行っていましたが、それが学校の中にあるような感じです。

そして学童がメリットがあると感じたのは、親がお迎えに行けるところ!
うちは女の子なのもあって自由に下校させるのは心配で仕方ありませんが、夕方私が直接お迎えに行けるのは本当に安心です。
さすがに高学年になればお友達と行動すると思うのですけど、1~2年生のうちは危なっかしくてしょうがないです。

なので卒園したら仕事どうしよう…と考えているママさんは、事前に通う小学校の学童について調べておくとよいです。
他の学校では英会話などの習い事ができる学童もあるのだとか。(公立です)これはすごい!

学校に行くことで子ども達の様子を知ることもできるので、楽しみにしています。

この記事が気に入ったらシェアお願いします