記事は書けるときにだけ書いて予約投稿してもいい

f:id:sunrayworks:20170326155220j:plain

今日3本目の記事です。
と言っても、こちらは27日に配信されるように予約投稿をしたものです。

ブログノウハウ本を読んでいると、「書くことを日課にしよう」とか「気づいたことをこまめにメモして」…などのアドバイスが並んでいます。

ブログで生計を立てている人(私も半分そうなのですが)は、やはりアウトプットの量がびっくりするほど多いです。
パソコンを立ち上げている時は常に何かを発信している感じですね。

記事は毎日書けなくてもOK、予約投稿の活用を

しかし私たちは毎日多くのやるべきことに囲まれています。
会社員であれば朝の通勤から帰宅まではほとんど自由な時間などありません。

さらに子どもがいれば帰ってからも家事や育児で大忙し…自分の時間は一体どこへ行ってしまったのだ!?状態です。

私も平日は朝から夕方まで本業の仕事があり、2人の子どものお世話もあるワーキングマザーです。
それでもブログを2014年に始めてから今まで多くの記事を書き続けてきました。

どうやったらブログを続けられるのか。
私が心がけているコツは3つあります。

1.記事は書ける時にだけ書いて予約投稿

学校や保育園が休みの土日祝は比較的余裕があります。
なので、この時間に記事は書けるだけ書いてしまいます。

雑記ブログであればこのまま投稿するか、2本以上書けた時は翌日の更新用に予約投稿をします。

ブログを読んでくれる読者の方にとっても、たまにしか更新しないブログよりもコンスタントに記事が投稿されている方が望ましいためそうしています。

効率が落ちる夜間は頭を使わない作業を

続けて2つめです。

2.夜間は画像加工やリンク貼りにあてる

私は平日だと朝5時頃に起きるので、夜は21時くらいになると眠くなってきてしまいます。
この時点ではほとんど頭が働かないので、記事は書かずに手だけ動かせばできる画像の加工やリンク貼りに専念します。

書き溜めた記事があれば体裁を整えてブログに投稿することもありますね。

最後の3つ目は、思いついたことはTwitterでメモをすること
私のタイムラインはネットニュースやテレビを見た時の感想、子どもの様子など取り留めのないツイートで溢れています。

フォロワーさんには全く有益になっていないのですが…^^;
ただこのツイートを後から見返した時に、このネタは記事にしよう!とか、新製品のレビューがまだだった!といった気づきが生まれることがあるのです。

メモだけであればEvernoteでも良いのですが、他の方が投稿したツイートを読むこともネタ作りには大変有用なのです。

だいたいこのような感じでブログ運営を続けています。
この中で一番大事なのはやはり1ですね。

記事というのは時間がなくて書けないほかに、気分が乗らなくて書けないというのもざらにあるのです。
そういう時に無理やりアウトプットしても本当に文章が出てきません。

ブログは途中で適度に休みながら走り続けるマラソンのようなものと考えて、気楽に更新していきましょう。

この記事が気に入ったらシェアお願いします

2 件のコメント

  • 私も同感です!
    はてなの教育ブログは今リライト中心なので4月中旬までストックてあります。
    ぼちぼち頑張りましょう〜!

  • まなびとさん
    コメントありがとうございます!ストック済みなのはいいですね〜。書けない時があっても気楽に過ごせますし。
    のんびり頑張りましょう^^

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です