Unlimitedで読めるインベスターZ フリーランスにとってためになる話が満載!

Amazonの電子書籍読み放題サービス、Kindle Unlimited。
ここに来て人気タイトルが読み放題の対象から外れたりと、やや失速してきた感じがします。

私は気になる書籍は今のうちに読んでおこうと毎日チェックしているのですが、最近のマイベストはこちら!
三田紀房先生の大人気投資マンガ、インベスターZです。

マンガで楽しく資産運用が学べる!学生から社会人まで役立つ内容

インベスターZ(1)
インベスターZ(1)

posted with amazlet at 16.08.31
コルク (2013-09-20)

私は三田先生の作品はドラゴン桜とエンゼルバンクを読んで面白いのは知っていたのですが、インベスターZはこれまでチェックしていませんでした。
それはハマると気になって全部読まずにはいられなくなるからなのですが…やはり今回も1巻から13巻まで一気に引き込まれました!

ストーリーを簡単に説明すると、主人公の少年は中学一年生。
中高一貫名門校に学年トップで合格した、優れた頭脳を持つ子です。

少年が通う学校は授業料から学食、学生寮の経費など教育にかかる費用は全て無料。
その訳は莫大な財産を築いた創始者の恩恵によるもの…とされています。

しかし実際には学年トップだけの学生で構成されている投資部の資産運用によって、学校の運営費をまかなっているんですね。
主人公の少年は投資部にスカウトされ、先輩やOB、はたまた大企業の役員クラスの人々から多くのことを学びながら投資にチャレンジしていくお話です。

このマンガが非常に面白いのは、実在する企業や社長さんが登場してくることにあります。
特に実在する人物によるお話はリアリティがあり、緻密な取材を重ねてマンガに組み込んでいったのだな…と本当に感心しきり。

マンガの中では「投資はギャンブルだ!」とか「マネーゲームだ」といった過激な発言もあるためレビューの評価は割れていますが、私はお金についてこんなに深く楽しく学べる本はこれまでなかったのでは?と思います。

最初の頃のお話では投資部の先輩がお金の成り立ちや歴史について詳しく解説しているので、社会人だけでなく学生さんにもオススメしたいマンガです。

ホリエモン登場!8〜9巻は感動の内容

インベスターZ(8)
インベスターZ(8)

posted with amazlet at 16.08.31
コルク (2015-03-23)

さて、私がもっとも気に入っているエピソードは8〜9巻にかけてです。
この巻ではお話の中になんとホリエモン(堀江貴文さん)が出てきます。

私はホリエモンファンなので、やった〜!と思いながら読んでいました。

お話はベンチャー村の会合での出来事。
出資してほしい起業家と投資家が情報交換をする場で、とある学生が突拍子もないアイデアをひっさげてプレゼンに臨みました。

ほとんどの投資家は相手にしないのですが、ホリエモンは3つの条件をクリアしたら出資しようと申し出たのです。
この3つの条件というのがなかなかの難問で、一人で考え込んでいたら実現不可能なことばかりなのです。

そのうちの1つというのが、東京から北海道までスマホ、財布を持たずにヒッチハイクで移動することでした。
お金もネットも何もない…これは普通に考えたらどう考えても無理だと思いますよね。

しかしその学生さんは、どうしてもこのアイデアを実現させたい!と色んな人に頭を下げて頼み込み、車に乗せてもらって見事北海道までたどり着きました。
これはどういう意味があったのか…

経営者、特に何かを起業したいという目的があるのなら、自分のプライドはかなぐり捨てて努力しなければならない
これに気づくことができるかどうか、というテストでした。

確かに、そこまでしてやりたい事業なのかどうか自問する機会にもなりますよね。
何となくの思いつきで、大した営業活動もせずに成功するかと考えたらそんなことはないのです。

フリーランスも自分で仕事を創り出すという意識が大事

長くなりましたが、フリーランスも実は同じような意識の持ちようが大事だと思っています。
会社員時代とは異なり、自分でどんどん営業を行わないと仕事が降ってくることは基本的にありません。

以前のツテで仕事をもらえることはありますが、ただ言われたことをやっているだけならいずれ他の優秀な外注さんに取って変わられる可能性もあるのです。

どんなに優れた技術を持っていても、それを知る人がいなければ宝の持ちぐされで終わってしまうのですよね…。
ブロガーならSNSでどんどん発信して注目を集めたり、技術者ならポートフォリオを定期的に更新して仕事の話が来たらスムーズに交渉できるようにしておきたいもの。

インベスターZは得るものの多いマンガでした。ぜひ一度読んでみてください!

この記事が気に入ったらシェアお願いします